化粧品を使用して見事な若返り|女性の望みを叶えます

女の人

ビタミンC化粧品の選び方

コスメ

安定性と安全性がある成分

ビタミンC系の化粧品を購入するなら、どんな成分が配合されているかや、配合濃度をしっかり確認することが大切です。ビタミンC入りの化粧品は沢山ありますが、ビタミンCの種類が違うことがあります。普通のビタミンCは不安定な成分なので、空気に触れると酸化しやすく、さらに肌につけてもしっかり浸透しにくい欠点があります。また、ビタミンCは刺激が強めなので、デリケート肌の人が使用すると肌がヒリヒリすることがあります。浸透のしやすさや成分の安定性、肌への安全性を重視するなら、「ビタミンc誘導体」入りのビタミンC系化粧品がお勧めです。ビタミンc誘導体は安定性のあるビタミンCです。酸化しにくく、肌につけるとすばやく浸透します。また、肌に優しいので、デリケート肌の人も使うことができます。ただし、肌に優しいビタミンc誘導体でも、配合濃度が高すぎると逆に刺激になります。肌がデリケートな人は、濃度が低いビタミンc誘導体入りの化粧品を選ぶことが大切です。また、ビタミンc誘導体は水溶性の成分なので、水分中心の化粧水を選ぶのがお勧めです。ビタミンc誘導体入りの乳液や美容オイルは、油分と馴染みやすくするために界面活性剤を使用しているのが一般的です。ビタミンc誘導体入り化粧水は、ぐんぐん内部に浸透します。パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤が入っている化粧水をつけると、防腐剤も一緒に浸透してしまうことがあります。なるべく防腐剤フリーのビタミンc誘導体入り化粧水を使うことをお勧めします。